References

ここでは国際共修の授業開発や研究に役立つ文献を紹介します。お勧めの文献があれば、「お問い合わせ」の画面より情報提供をお願いします。

List文献リスト

  1. 青木麻衣子 (2014)「社会と学校教育」青木麻衣子・佐藤博志編著『オーストラリア・ニュージーランドの教育:グローバル社会を生き抜く力の育成に向けて』東信堂.
  2. 青木麻衣子・小河原義朗 (2014) 「多文化交流科目の開発経緯と意義および課題」『北海道大学留学生センター紀要』18, pp. 3-17.
  3. 足立恭則 (2008)「留学生・日本人学生合同の日本事情授業 : 留学生から学ぶ日本事情」『人文・社会科学論集』25, pp. 103-114.
  4. 植木節子 (2002)「留学生教育における新たな授業の視点」『留学生教育』7, pp. 131-144.
  5. 加賀美常美代 (1999)「大学コミュニティにおける日本人学生と外国人留学生の異文化間接触促進のための教育的介入」『コミュニティ心理学研究』2(2), pp. 131-142.
  6. 加賀美常美代 (2006)「教育的介入は多文化理解態度にどんな効果があるか‐シミュレーション・ゲームと協働的活動の場合」『異文化間教育』24, pp.76-91.
  7. ガイタニディスヤニス・小林聡子・西住奏子・和田健・吉野文(2016)「「日本」を題材とした協働学習の仕掛け‐教養教育における実践から考える‐」『国際教育』9 pp. 1-73.
  8. 黒田千晴・ハリソン・リチャード (2016)「神戸大学におけるバイリンガル国際共修授業:『グローバルリーダシップ育成基礎演習』の授業設計について」『神戸大学留学生センター紀要』22, pp. 89-105.
  9. 齋藤眞宏 (2005)「個に対応した教育-多文化共生の視点をふまえて」『旭川大学紀要』60, pp. 53-89.
  10. 坂池田広子・金孝卿・古市由美子・平野美恵 (2004)「日本人と外国人が共に学ぶ教室大学院教育実習の場合」『言語文化と日本語教育』28, pp. 71-74.
  11. 坂本利子 (2013)「異文化交流授業から国内学生は何を学んでいるか:多文化共生力育成をめざして」『立命館言語文化研究』24(3), pp. 143-157.
  12. 坂本利子・堀江未来・米澤由香子 (2017)『多文化間共修:多様な文化背景をもつ大学生の学び合いを支援する』学文社.
  13. 札野寛子 (1993)「「日本事情」講座研究:現代用語をキーワードにした 「日本事情」」『金沢大学留学生教育センター紀要』2, pp. 59-69.
  14. 佐藤勢紀子・上原聡・副島健作・虫明美喜・押谷祐子 (2016)「共修による日本語・日本文化学習の効果‐平成26年度「国際共修学ゼミ」開講状況を踏まえて‐」『東北大学言語・文化教育センター年報』1, pp. 1-10.
  15. 佐藤勢紀子・末松和子・曽根原理・桐原健真・上原聡・福島悦子・虫明美喜・押谷祐 (2011)「共通教育課程における「国際共修ゼミ」の開設‐留学生クラスとの合同による多文化理解教育の試み‐」『東北大学高等教育開発推進センター紀要』6,pp. 143-156.
  16. 島崎薫(2017)「地域住民との国際共修 —留学生のアイデンティティの変化に着目して—」, 『東北大学高度教養教育・学生支援機構紀要』3, pp.227 -238.
  17. 島崎薫(2016)「日本文化のクラスにおけるアクティブラーニングの実践 —すずめ踊りプロジェクトでのアクションリサーチを通した一考察—」, 『東北大学高度教養教育・学生支援機構紀要』2, pp.181-192.
  18. 末松和子・阿蕗娜 (2008)「異文化間協働プロジェクトにみられる教育効果」『異文化間教育』28, pp. 114-121.
  19. 末松和子 (2014)「キャンパスに共生社会を造る-留学生と日本人学生の共修における教授法の確立に向けて」『留学交流』42, pp. 11-22.
  20. 末松和子 (2017)「「内なる国際化」でグローバル人材を育てる‐国際共修を通したカリキュラムの国際化‐」『東北大学高度教養教育・学生支援機構紀要』3, pp. 41-51.
  21. 杉本和弘 (2003)『戦後オーストラリアの高等教育改革研究』東信堂.
  22. 高橋亜紀子 (2005)「日本人学生と留学生とが共に学ぶ意義:『異文化間教育論』受講者のコメント分析から」『宮城教育大学紀要』40, pp. 15-25.
  23. 髙橋美能 (2015)「留学生と日本人学生の国際共修授業における一考察‐言語の問題へのアプローチと学習効果‐」『大阪大学大学院人間科学研究科紀要』41, pp. 173-192.
  24. 髙橋美能 (2016a)「留学生と日本人学生の間に多文化共生の関係性を促進する方策‐国際共修授業の事例考察を基に‐」『留学生交流・指導研究』19, pp. 45-61.
  25. 高橋美能 (2016b) Case Study of An International Joint Class With International and Japanese students:Learning Effects and Approaches taken regarding Language. Osaka Human Sciences 2, pp. 151-169.
  26. 田崎敦子 (2002)「英語を共通言語とした大学院における異文化間コミュニケーションクラスの試み‐タスク活動における教師の役割」『異文化間教育』16, pp.140-150.
  27. 坪井健 (1999)「留学生と日本人学生の交流教育」『異文化間教育』13, pp. 60-74.
  28. 徳井厚子 (1999a)「多文化クラスと創造性‐学生による討論形態の模索か‐」『信州大学教育システム研究開発センター紀要』5, pp. 18-23.
  29. 徳井厚子 (1999b)「多文化クラスにおける評価の試み‐自己変容のプロセスをとおして見えてくるもの‐」『メディア教育研究』3, pp. 61-71.
  30. 中島祥子 (2014)「多文化間プロジェクト型協働学習における留学生の学び‐留学生と日本人学生がともに地域を学ぶプロジェクトから‐」『鹿児島大学教育学部研究紀要人文・社会科学編』65, pp. 133-148.
  31. 中野はるみ (2006)「異文化教育における留学生の役割」『長崎国際大学論叢』6, pp.55-64.
  32. 新倉涼子 (1997)「留学生と日本人学生の相互交流と対人認知の変容‐異文化理解授業の実践を通しての考察‐」『千葉大学紀要』3, pp. 31-42.
  33. 花見槇子 (2006)「留学生と日本人学生の合同授業の創出」『三重大学国際交流センター紀要』 8, pp. 67-81.
  34. 細川英雄 (1995)「教育方法論としての「日本事情」‐その位置づけと可能性‐」『日本語教育』87, pp. 103-113.
  35. 松尾知明 (2013)『多文化教育をデザインする‐移民時代のモデル構築』勁草書房.
  36. 松本久美子 (1999)「留学生と日本人学生の初級会話合同クラス:双方向学習による異文化コミュニケーション能力の育成」『長崎大学留学生センター紀要』7, pp. 1-33.
  37. 水松巳奈 (2017)「プロジェクト型 「国際共修」 が学生の自己効力に与える影響―Kolb の経験学習モデルを用いてデザインした授業に関する一考察―」 『東北大学高度教養教育・学生支援機構紀要』3, pp.115-129.
  38. 宮本美能 (2013)「留学生と日本人学生の親密化阻害要因を排除する方策‐多文化クラスにおける参与観察に基づいて‐」『留学生教育』18, pp.15-24.
  39. 宮本美能 (2013)「大学生の多様なバックグラウンドを生かした教育活動‐留学生と日本人学生の混合クラスにおける人権教育プログラムからの示唆‐」『人権教育研究』13, pp. 1-14.
  40. 宮本美能 (2014)「多文化クラスで人権教育を実践する意義‐授業前と後の質問紙調査結果に基づいて‐」『人権教育研究』14, pp. 75-88.
  41. 宮本律子・松岡洋子 (2017)「多文化コミュニケーション能力測定尺度作成の試み」『秋田大学教育実践研究支援センター研究紀要』22, pp. 99-106.
  42. 柳田純子 (2015)「産学連携プロジェクトと連動した演習教育によるキャリア形成支援:課題解決型学習に参画した経営系学生のキャリア形成過程の考察」『東京情報大学研究論集』12(2), pp. 9-26.
  43. 山岸みどり (1995)「異文化間能力とその育成」渡辺文夫編著『異文化接触の心理学』,川島書店 ,209-223.
  44. 横山玟洙・中塚雅也 (2007)「地域インターンシップ制度の設計と運用に関する一考察‐島根県隠岐郡海士町の商品開発研修生制度を事例として‐」『農村計画学会誌』26 (Special_Issue), pp. 281-286.
  45. 若林隆久 (2016)「PBLによる大学生に対するキャリア教育と地域貢献 ‐商品企画プロジェクトの事例から‐」『地域政策研究』19(1), pp. 79-89.
  46. Arkoudis, S., Watty, K., Baik, C., Yu, X., Borland, H., Chang, S., Lang, I., Lang, J. and Pearce, A. (2012) Finding common ground: Enhancing interaction between domestic and international students in higher education. Teaching in Higher Education, 18(3), 222-235.
  47. Beelen, J. and Jones, E. (2015a) Redefining Internationalization at Home. In A. Curaj, L.Matei, R. Pricopie, J. Salmi, and P. Scott (Eds.). The European higher education area: Between critical reflections and future policies. Dordrecht: Springer. 59-72.
  48. Beelen, J. and Jones, E. (2015b) Europe calling: A new definition for Internationalization at Home. International Higher Education, 83, 12-13.
  49. Crowther, P., Joris, M., Otten, M., Nilsson, B., Teekens, H., and Wächter, B. (2001) Internationalisation at home; A position paper. Amsterdam: EAIE.
  50. Deardorff, D. K. (2006) Identification and assessment of intercultural competence as a student outcome of internationalization. Journal of Studies in International Education, 10(3), 266-341.
  51. Deardorff, D.K. (2015) Demystifying Outcomes Assessment for International Educators: Practical Approach. Stylus Publishing.
  52. de Wit, H. and Merkx, G. (2012) The history of internationalization of higher education. In D. K. Deardorff, H. de Wit, J. D. Heryl, and T. Adams (Eds.). The SAGE handbook of international higher education. Thousand Oaks, California: SAGE Publications.
  53. de Wit, H., Hunter, F., Howard, L. and Egron-Polak, E. (2015) Internationalization of higher education. Brussels: European Parliament.
  54. Hudzik, J. K. (2015) Comprehensive Internationalization: Institutional pathways to success. Routledge.
  55. Hutchings, P., Kinzie, J., and Kuh, G.D. (2015) Evidence of Student Learning, In Kuh, Ikenberry, Jankowski, Cain, Ewell, Hutchings and Kinzie (Eds.) Using Evidence of Student Learning to Improve Higher Education: San Francisco , CA: Jossey-Bass.
  56. Knight, J. (2004) Internationalization remodeled: Definition, approaches, and rationales. Journal of Studies in International Education, 8(1), 5-31.
  57. Leask, B. (2009) Using formal and informal curricula to improve interactions between home and international students. Journal of Studies in International Education, 13(2), 205-221.
  58. Leask, B. (2013) Internationalization of the curriculum and the disciplines: Current perspectives and directions for the future. Journal of Studies in International Education, 17(2), 99-102.
  59. Leask, B. (2015) Internationalizing the Curriculum. London: Routledge.
  60. Leask, Betty, Carroll, Jude. (2011) Moving Beyond ‘Wishing and Hoping’: Internationalisation and Student Experiences of Inclusion and Engagement. Higher Education Research & Development.
  61. Leask, B. (2015) Internationalizing the Curriculum. London: Routledge. Development, 30(5), 647–659.
  62. Leleito E., Shimasaki, K., Watanabe, R., and Kawabata, H. (2015) Disaster Risk Reduction Education for International Students through Inter-University Collaboration, Journal of the International Education & Exchange Center, Volume 2, 37-47.
  63. OECD (Organization for Economic Cooperation and Development) (2014) Education at a glance 2014: OECD indicators.
  64. OECD (2016) Education at a glance 2016: OECD indicators.
  65. Olson, C., Evans, R. and Shoenberg, R. F. (2003) At home in the world: Bridging the gap between internationalization and multicultural education. ACE.
  66. Paige, R.M. (1993) On the Nature of Intercultural Experiences and Intercultural Education. In R. M. Paige (ed.), Education for the Intercultural Experience, Yarmouth, ME: Intercultural Press, 1-19.
  67. Ryan, J. (2013) Using Cross-Cultural Teaching and Learning for Home and International Students, Routlouge.
  68. Soria, K. M. and Troisi, J. (2014). Internationalization at Home Alternatives to Study Abroad: Implications for Students’ Development of Global, International, and Intercultural Competencies. Journal of Studies in International Education,18(3), 261-280.
  69. Wachter, B. (2003). An introduction: Internationalization at Home in Context. Journal of Studies in International Education,7(1), 5-11.
  70. Yershova, Y., DeJaegbere, J. and Mestenhauser, J. (2000) Thinking not as usual: Adding the intercultural perspective. Journal of Studies in International Education, 4(1), 39-78.